まさか!女性のm字はげの原因は?改善に効果抜群な育毛剤

知らなかった!髪の仕組みを徹底解説

●髪は3層しくみ。キューティクルが順守している 人の髪を真横に切って引き延ばすと、鉛筆くらいの3層構造でできていることがわかります。 

 

芯になっている「メデュラ(毛髄質)」を、髮の質量の85~90%を占める「コルテックス(毛皮質)」が覆い、そのさらに外側に、厚さO・005ミリの硬くて透明なタンパク質(ケラチン)組織「キューティクル(毛小皮)」がウロコのように積み重なって、内部組織を保護しています。キューティクルが慯ついて剥がれると、繊維状の組織を糊のようなタンパク賢でつないだコルテックスが露出してしまい、外部からの刺激や薬剤などに侵されやすくなります。

 

損傷が進んだ状態か、切れ毛や枝毛といった毛髪問題です。 ●髪の生産工場。毛球・は、休みなしの働き者 髪は、頭皮の奥にある球根のような。毛球’のなかでつくられます。毛球のなかの毛乳頭が、毛細血管から髪の原料となる血液を取り込んで毛母細胞に渡し、そこで細胞分裂を繰り返しながら髪がつくられていきます。 

 

毛球の内部では活発に細胞分裂が行われ、たくさんの血液が需要され続けています。ヘアケアでは、頭皮の血行改善を優先しますか、その理山はここにあります。 

 

髪は。代謝によって毎日100本程度は抜けて いきますが、その分、毎日、新しいものがっくり続けられています。つまり、髪の生産丁場である毛球は、本来、年中無休。 だけれど、原料である血液が充分に運ばれていなかったり、髪の出口である毛穴が汚れでふさがったりなどのトラブルが生じて毛球の稼助効率がダウンすると、新たな髪はつくられにくくなっていきます。発生したトラブルを放置すれば、毛球の稼動状況はどんどん落ちていき、最悪の場合、完全に止まってしまいます。

 

脳が「原料が供給されなくなったというのでは、もう生産を止めていいということだ」と間違えた指令を出すのです。 しかし、稼動を齔めた毛球は、眠ってしまうだけで、決して死んでしまったわけではありません。

 

正しくメンテナンスして、トラブルを解消してあげれば、また張り切って働き始めます。 休眠状態が艮く続けば、その分、メンテナンスは難しくなります。

 

だから、せっかくの。働き者’ が休まずに済むよう、日々こまめにメンテナンスしてあげることが大事なのです。 ●髪にも艇生から自然脱毛までの。サイクル・がある 髮には、生えてから抜けて無くなるまでの毛周期(ヘアサイクル)があります。人きく3つの期間にわかれ、サイクルには個人差がありますが、女性で4~6年、男性は2~5年と言われています。 

 

人体に備わっている自然のサイクルを、途中でiめないようにするのが、まっとうなヘアケアというもの。 ちなみに、髮の成長速度は、個人差や人穐差はありますけれど、私たち日本人を含む東アジア人の場合、乍間Hセンチ刳1日約O・2~O・3ミリ程度といわれているようです。

 

●頭皮には杓4万個の毛穴があり、1つの毛穴から283本の髪が生えている 表皮(皮膚のいちばん外側)のだいたいが毛に覆われているのが哺乳類の特徴で、ヒトも例外ではありません。

 

ヒトの場介、手のひら・足底・口唇および陰部の一部などを除く全身に、130万夲ほどの毛が雌えていて、そのうち頭部に生えるものを、日本語では特に髮と呼ぶわけです。 

 

人種によって多少の違いはありますが、成人の頭皮には約4万個ほどの毛穴があって、健やかな毛穴1つにつき2~3本の髪が生えています。毛穴の数は増えたり減ったりしません。 

 

つまり、毛穴か健康に保たれている日本人成年の頭皮には、約10~12万本ほどの髮がたくわえられているということになります。 毛穴の数は減らず、毛穴の中にある毛球は毎日働き続けているというわけですから、髪のメカニズムが健全に機能していれば、髪の数が減ることは出来ません。

 

しかし、現実には、髪の輦が減って見えることがよくあります。これはなぜか? あまりご存じではないかもしれませんが。鍵のボリュームダウンの主要因は、老化と血行不良です。また、実は。毛穴の汚れ・も原因のひとつ。毛穴か汚れや老廃物でつまってしまえば、髪は細くなってしまいます。

 

この場合、相対的に髮の畩が減って見えるでしょうし、本米は3本生えるはずが1本しか出てこないのでは、実際上も減数です。 しかし、毛穴の汚れや詰まりが原閃なら、対処法は明解。ブラッシングとシャンプーの方法を見直して、毛穴を清潔にしていけば、トラブルを元から断つことができます。